2009年03月26日

長洲島(チャンチャウ島)/☆☆

長洲島(チャンチャウ島)

・評価
☆☆・・・行く価値あり

・楽しみ方
グルメ、トレッキング

・おおまかな場所
周辺の島


・滞在時間
3時間


美しい緑と海を見ながらトレッキングをした後は、安くて新鮮でおいしい海鮮料理を!!!ここの海鮮料理は本当に安い。一人HKD100(1,500円)もあれば、お酒もおいしい料理もたらふく味わえます。

中環から船で50分くらい。船代は片道たった300円です。
旅行で一日余った場合等は、是非☆☆☆半日で楽しめる島です。




フェリーを下りるとすぐに、賑やかなパラヤ・ストリートがあります。
海鮮料理屋や露店、魚屋さんにお土産屋さんと、道の両脇に沢山のお店が並んでいます。


長州島1






写真 個人328.jpg






写真 個人 562.bmp



人が沢山いて、とても活気があります☆






漁業町なので、港には船がたくさん☆

写真 個人332.jpg







ここは「北帝廟」という1783年設立の道教寺院です。
ガイドブックに載ってるのですが、まあ、ふ〜んというくらいで。。。
滞在2〜3分。

写真 個人334.jpg









ひょうたん型の島の、真ん中から反対側へ行くと、
海が広がってます。夏には海水浴客がどっと押し寄せるとか。
海岸は広いですし、トイレ・シャワーっもありますし、波も静かで、
うん、確かに海水浴には素晴らしい所です。

写真 個人337.jpg








こんにちわ☆

写真 個人331.jpg






こちらはクワンクン・パビリオンと呼ばれる祠。
三国志の関羽が祭られているそうです。
こちらもふ〜んという程度で、滞在2〜3分。
トレッキング途中にあるので、ついで寄りにはいいです。

写真 個人339.jpg






緑に海を見がらのトレッキングが素敵です。
道はちゃんとコンクリートで綺麗に舗装されているので、
女性・子供でも楽しめます。所々にちゃんとトイレがあるのも素晴らしい☆☆


写真 個人 553.bmp



写真 個人347.jpg








ここは、有名なチャンボウチャイ洞窟。
家来4万人を率いた伝説の海賊チャンボウチャイが隠れ家としたとされる洞窟です。

中は本当に真っ暗で、携帯の光だけだと厳しい感じです。
なんとか、かんとか反対側に抜けることができました。

写真 個人349.jpg








島の端に来たら、船で中央部へ戻ります。
本当小型線で、おばちゃんが運転してました。
港に来るのですが、こんなところに来るのという雰囲気のところなので、注意してください。

写真 個人350.jpg






はい、またこんにちわ。

写真 個人351.jpg







トレッキングを終えたら、海鮮料理☆☆
店が沢山あるので、人の入りが多いところを選びました。

写真 個人355.jpg






大正解☆☆☆
他の店もいいかもしれませんが、とにかくおいしかったです。
これ以外にも一品、更にビール三本で一人HKD100(1,500円)と破格!!

写真 個人 561.bmp



海鮮料理を食べに来るだけでも価値があります。






<注意!!>
夏のトレッキングは気をつけて下さい!!かなり熱いので。
一番外回りのコースを歩くと、男性の方でもやや大変なので、お子さん・女性連れの場合は、内回り気味に歩き、名所だけちょっと見てくるといいかもしれません。道は大方舗装されてるので、歩きやすい。靴はハイヒール・革靴以外なら全然問題ありません。

また、標識はありますが、あまり優しくないので、たまに住民に道を聞くといいと思います。




ここまで☆








----------------------------------------------------------------

海外旅行に役立つアイテムや、香港・マカオの航空券・ホテル情報です。☆☆☆



《航空券》

・ここ↓はかなり安いのでオススメです☆☆☆
しかし、海外旅行ってこんなに安い時代なんだと実感します。









・コレ↓も有名な航空券サイトです。
とても見やすくて、探しやすいサイトです。







----------------------------------------------------------------

《ホテル》


・世界中のホテルを網羅し、更にとても安く予約できる有名サイト↓です。










ここまで☆






posted by HK at 01:58| 香港 ☁| Comment(1) | 周辺の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。